一般社団法人岩手県難病・疾病団体連絡協議会

岩手県後縦靭帯骨化症友の会

代表者 斉藤 権四郎

〒020-4211 岩手郡岩手町川口15-91-11
☎ 0195-65-3245

○どのような症状がおきますか

脊柱管内にある「靭帯に骨化変性」がある
変性は頚椎に多いが胸椎・腰椎もある
最初の症状はうなじや頚部に痛みが有り、上肢のシビレや痛みも伴う(神経根障害)
手指が不器用になり、ボタンが掛けにくい、書字が下手になってきた(巧緻障害)
走れない、階段のくだりが怖い等(歩行障害)が出現してくる
体が硬くなり深呼吸ができない、首を回せない等の症状で生活に不自由さを生じる

○治療法はありますか

保存的治療には補装具の装着、牽引、物理療法、運動療法
症状が強い時には手術治療
薬物療法による消炎鎮痛剤、筋弛緩剤の内服等によって自覚症状の軽減を図る

○日常生活の留意点

・良い姿勢…顎を適切に引いた姿勢、肩甲骨は脊中の肋骨に密着させるような姿勢
・就寝時の頚椎良肢位…頚椎が広く支持されるように前傾約15度に保持されるような「まくら」が理想

○どのような経過をたどるか

・一般的には脊髄神経症状は慢性進行性です
・症状が重度になると日常生活に支障をきたし、介助を要する事があります


<< 前のページに戻る

「たとえば花のように」
作詞・作曲 /
菊地健治
編  曲 /
菊地幸子 西野孝敏
歌 /
菊地幸子

詳しくはこちら≫

ハートプラスマーク詳しくはこちら≫

岩手県難病連事務局

岩手県難病相談・支援センター
電話:019-614-0711
受付:月・火・木・金・土
時間:午前10時~午後4時
iwanan@io.ocn.ne.jp

岩手県小児慢性特定疾病児童等自立支援センター
電話:019-637-7878
受付:月~金曜日
時間:午前10時~午後4時
iwanan.shoman@dune.ocn.ne.jp