岩手県小児慢性特定疾病児童等自立支援センター

初めての申請<新規申請>

初めての手続きに必要な書類は、以下のとおりです。
すべての書類をそろえて、保健所に手続きした日から、医療費の適用となります。
※保健所に提出された申請は、県庁の審査会にかかります。審査会は月1回ペースなので、結果が出るまでに時間がかかる場合があります。
1 申請書および同意書(県庁のホームページからダウンロード可能です
2 臨床調査個人票(主治医の先生に書いてもらうものです)
3 健康保険証の写し
4 住民票(世帯全員分)
5 所得税額等がわかる書類はこちら

新たな医療機関にかかる場合<医療機関追加申請>

特定疾患の申請がとおると、受給者証が郵送されます。これには病名と医療機関、有効期間と自己負担限度額が明記されています。
受給者証にない医療機関にかかる場合には、追加申請が必要です。
これも保健所に申請した日から、認定されますので、早めに手続きしましょう。
1 医療機関追加申請書
2 現在使っている受給者証

特定疾患治療研究事業

この制度は、難病の中でも45種類の疾患を対象に、医療費の軽減ができる制度です。
メリット
①保健所への申請が必要ですが、認定されると、対象疾患に関する医療費が軽減されます(保険がきく治療に限ります)。
②認定疾患の治療薬は院外処方の場合自己負担が無くなります。
③訪問看護も自己負担なしとなります。
※注意
①一年更新の制度なので、毎年7月頃に更新申請が必要です。
②認定された疾患の医療費のみです。風邪や怪我など、特定疾患と関係の無い治療は通常の保険診療です。
所得に応じた自己負担があります。
④手続きには印鑑を持っていきましょう。

「たとえば花のように」
作詞・作曲 /
菊地健治
編  曲 /
菊地幸子 西野孝敏
歌 /
菊地幸子

詳しくはこちら≫

ハートプラスマーク詳しくはこちら≫

岩手県難病連事務局

岩手県小児慢性特定疾病児童等自立支援センター
電話:019-637-7878
受付:月~金曜日
時間:午前10時~午後4時
iwanan.shoman@dune.ocn.ne.jp